そもそも自動翻訳の仕組みってどうなっているの?

Written on 4月 23, 2013 at 12:13 PM, by admin

自動翻訳は、とても便利だけど実際どのような原理で翻訳が行われているの?

このような疑問を持つ人もいるでしょう。

自動翻訳には人間は一切関与しません。

プログラムがある形式を通じその単語を理解し、翻訳をするのが流れである。

そして、自動翻訳には統計システムとルールベースシステムという2つのシステムのどちらかで翻訳されている。

前者は、言語ルールに縛られることがありません。

言語ペアの膨大なデータを分析をします。

また、その分析を元にしプログラム自体が学習をしていくというのも特徴でしょう。

こちらのシステムは自然な翻訳表現を可能にしますが、一貫性は低下します。

後者は、ルールの組み合わせと一般用語の辞書を使用します。

また、専門辞書を作成すれば、特定の分野での翻訳も可能になります。

このシステムは正確な用語を使用し、一貫した翻訳を行います。

この二つを読むとなんとなくあの翻訳ソフトはこのシステムなんだな…と、言うのが分かってなんだか面白くて親近感が沸きますね。

自動翻訳と翻訳業者をうまく組み合わせていこう

Written on 4月 23, 2013 at 12:12 PM, by admin

企業で翻訳をする場合、個人が単語を調べる分には無料の自動翻訳サイトを利用すればいいでしょう。

しかし、内部文章やビジネスメールなどの大事な文章を翻訳する際に全てを無料自動翻訳サイトに頼るのは危険だと思います。

無料自動翻訳サイトは便利で有能になりましたが、その翻訳力はまだまだですし、人間の翻訳力には到底敵いません。

そんな中でどのようにして使い分けていくかですが、昨今では性能の上がった有料の自動翻訳ソフトが市場に出回っています。

無料自動翻訳よりは性能も多少はあがり様々なオプションが付いていたりします。

また、種類も豊富で言語別や専門用語に対応していたりと様々あるのでそこは企業やあなたがどの方面に翻訳をしていきたいかで検討するのがいいでしょう。

また、企業に翻訳を依頼する場合には、しっかりとセキュリティがしっかりしている翻訳企業を選びましょう。

そこをおろそかにするとあなたの情報や企業の情報が外に漏洩するきっかけになるかもしれません。

自動翻訳と翻訳者

Written on 4月 23, 2013 at 12:10 PM, by admin

自動翻訳は、いつでもすぐに翻訳できるのが魅力ではないでしょうか?

無料であろうと有料のソフトを所持していようと、翻訳をしたいときに翻訳ができます。

これは24時間いつでも可能です。

しかし、翻訳者となると対人です。24時間受け付けている訳ではないので時間を気にしなければいけないですし、翻訳者が身近ならある程度の融通は利くかもしれません。

しかし、周りに身近な翻訳者がいない場合には、どうでしょう?

緊急を要する場合にはきっと対応ができないかもれません。

この場合どちらを取るのがいいでしょう?

そこには翻訳する文章の重要性だったりが絡んでもくることだと思います。

自動翻訳で対応できるのならそれが一番いいでしょう。

しかし、自動翻訳には、文章を考えて翻訳をすることができません。

その中で、文章を意識した翻訳を希望する場合には、翻訳者を頼るほうがいいでしょう。

個人が副業として翻訳をしているようなサイトもあります。

その様なところを頼ると短時間で翻訳をしてもらえる場合もあります。

情報を集めてみると色々なものがみるかりますよ。

自動翻訳の限界

Written on 4月 23, 2013 at 12:09 PM, by admin

無料自動翻訳サイトは昨今、インターネット上で豊富に提供されています。

サイトによって可能翻訳言語が違うので自分が求めている翻訳言語が対応しているサイトを選ぶのがいいだろう。

また、サイトによっても翻訳言語にニュアンスの差が生じる。

これはどうしても、無料自動翻訳サイト元のがどの翻訳機能を使用しているかが原因である。

同じ言葉で翻訳をしてみるとわかるだろう。

それでも、自分の分からなかった単語や文章を翻訳してくれる自動翻訳サイトは重宝されるだろう。

しかし、そんな便利自動翻訳サイトにも欠点はある。

よく、無料自動翻訳サイトを利用している人は気づいているかもしれないがあまりにも長い文章やしゃべり言葉はうまく翻訳してくれていない。

このような現象を体感しているのではないだろうか?

これは、自動翻訳サイトの限界を意味している。

自動翻訳は機械がその入力された単語を元に翻訳をしている。

人によって差があるしゃべり言葉にまでは対応していないのが現状です。

その様な自動翻訳の欠点を理解し、活用するのが利口でしょう。

有料の自動翻訳サイトが変化をしている

Written on 4月 23, 2013 at 12:08 PM, by admin

有料自動翻訳ソフトは、インターネット上で無料で自動翻訳できるサイトより性能がいいというのは周知の事実だろう。

だが、有料といっても自動翻訳ソフトなので、翻訳には限界があるのも事実だ。

しかし、昨今巷で発売されている有料の自動翻訳サイトは、文章の単語のみを理解し翻訳するのではなく、文章全体を理解しようとするらしいです。

文章の前後関係をしっかり理解しようとするので、誤訳される回数も大幅に減る。

そして、使えば使うほど知識としてソフトがその言語訳を覚えるという。

どんどんあなたが使いやすい自動翻訳ソフトになっていくというのは魅力的ではないだろうか?

もともと搭載している言語数も多いためストレスを感じにくいと好評だと聞いた。

大切な文章を扱うような企業では無料自動翻訳サイトを使用するなどありえないだろう。

かといって、一般的な翻訳ソフトにお金を出すのなら一度このような高性能の自動翻訳ソフトの購入を検討するのもいいだろう。